出産し新たな生活が始まると赤ちゃんの泣き声などで近所の方には何かと気を使うところですよね。

出産後のご近所への挨拶は様々なご意見があるとは思いますが、今回は挨拶が必要だとお考えの方へ向けて出産したあとの挨拶の仕方や粗品の事についてなどまとめてみました。

迷惑をかけてしまうかもしれないので出産したらまず最初に挨拶まわりで赤ちゃんが生まれた事をお知らせし、クレームにならないように先手を打つのも一つの手ですよね。

スポンサーリンク

近所への挨拶は必要?

隣や上下に住んでいる方の顔も知らない、、、なんて方は少なくなのではないでしょうか。

話をしたこともないのに挨拶なんていらないんじゃなかとお考えの方も多いと思います。

新生児の頃は泣き声も小さく、外にはあまり聞こえないものですが、赤ちゃんの成長と共に泣き声も大きくなり歩き出すと足音も気になるところです。

ご迷惑をおかけするかもしれないと出産前や後に一言挨拶をしておくと周りの方の理解も得られますよね。

ご近所との付き合いは犯罪の抑止にも繋がります。

出産を機にお近所付き合いを始めみてはいかがでしょうか。

挨拶の仕方

ではどのように挨拶をすればいいのでしょうか、挨拶の仕方をご紹介していきます。

○戸建ての場合

戸建てにお住まいの方は両隣と向かいと向かいの両隣、そして真裏に住んでる方へも挨拶しておくといいですね。

○マンションの場合

マンションにお住まいの方は両隣と上下のお宅と大家さんや管理人さんなどへ挨拶しておくといいでしょう。

※特に下にお住まいの方には挨拶しておきましょう。

※何度訪問しても留守で挨拶ができない場合は一旦諦めて、外で会った時に軽く挨拶するといいでしょう。

スポンサーリンク

粗品

挨拶に伺うだけで十分ですが、粗品を持ってくと更に丁寧な印象になります。

ここでは粗品についてご紹介していきます。

○金額

500円~1000円までのもので相手に気を使わせないくらいのものを選びましょう。

洗濯用や台所用の洗剤、お菓子の詰め合わせなどを選びましょう。

里帰りをした場合は地元の名産品などを贈ってもいいですね。

注意点

出産前に挨拶に行く場合は大丈夫ですが、出産後に挨拶に行く場合は赤ちゃん連れで行くのは控えてください。

元々よく挨拶をしていて仲がいいお宅なら問題ないですが、どんな人か知らない場合は赤ちゃんが苦手な方や不妊治療をしている事もあるので赤ちゃんを連れての挨拶はよくないでしょう。

そして挨拶に行ったからといって泣き声や足音などに気を使わずに生活するのはやめましょう。

長い時間赤ちゃんが泣くのであれば開いている窓を閉めたり、ジャンプなどをさせないようにしたりと配慮はしましょう。

☆最後に・・・

赤ちゃんは泣くのが仕事、それをさせないようにするのは無理な話です。

なるべく不快な思いをさせないようにご近所に配慮し、暮らしやすい生活を手に入れましょう。

この記事についての感想や育児の相談事がありましたら遠慮なくコメントをしてください。

また、記事の内容が「参考になった!」と言う方は、SNSアイコンに「いいね」登録をしていただけると励みになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事も読まれています

占いに興味がある人に朗報です。

あなたは、「電話占い」を知っていますか?

わざわざ、遠い「占いの館」に行かなくても、有名な占い師に直接電話で占ってもらうことができます。

担当する占い師は採用率9%という、厳しい基準をクリアした占い師のみが在籍しているので、安心して利用することができます。

TVやラジオなど多数のメディアへの出演実績のある、厳選された占い師のプロフィールをまずはご覧ください。

今なら、初めて利用の方には「無料鑑定サービス」も実施しているので、お試し感覚で家庭の問題、恋愛や結婚、仕事など、占ってもらいましょう。

最初の無料占いの結果が、「ちょっと違うな」と感じたら、以降は利用しなければ良いですしね!

占い師のプロフィールを見てみる