母乳をあげているお母さんなら、「断乳」を一度は考えた事があるのではないでしょうか。

「何歳になったら断乳しようか?」

「断乳したら病気にかかりやすいって聞くけど本当?」

「うちの子、おっぱい星人なのに断乳できるのかしら?」

これらの不安を少しずつ解消していきましょう!

スポンサーリンク

卒乳と断乳の違い

卒乳とは、お子さんの意志で「母乳を卒業すること」を言います。

断乳とは、お母さんの意志で「母乳を断つこと」を言います。

卒乳のメリット

子どもが自分の意志で母乳を止めるので、精神的に不安定になることはありません。

それよりもたくさん飲めた!という満足感をお子さんに与えられるでしょう。

断乳のメリット

お母さんが断乳したい!という想いを実行できる!ということです。

断乳したい理由は色々ありますよね。

•夜通し眠りたい

•お母さんの体力温存(母乳をあげていると体力奪われますよね。)

•仕事復帰を考えている

断乳を考えているという時点で、何かお母さんに負担がかかっているという事なので、それを解消出来るというのは大きいですよね。

スポンサーリンク

断乳のデメリット

大好きだったおっぱいを断たれ、一時的にお子さんが精神的不安定になるかもしれません。

また、急に授乳をやめるので、おっぱいトラブルに繋がることがあります。

断乳の方法

断乳は子どもにとってかなりの難問です。

だって大好きなおっぱいをもう飲めないんですから。

お母さんも軽い気持ちで試すのではなく、覚悟して挑みましょう。

断乳の日を決めよう!

カレンダーに印をつけ、この日になったらおっぱいバイバイだよ。と子どもに毎日お話をします。

大人が思っている以上に子どもは理解できるものです。何度も何度も繰り返し伝えましょう。

断乳の日

朝起きたら「これでおっぱいおしまいだよ。たくさん飲んでくれてありがとう。」と子どもに伝え、最後に思う存分飲ませてあげます。

この時お母さんの方が寂しくなってしまうかもしれません。

でも中途半端な気持ちで断乳をやめてしまうと、次に実行する時もっと大変になります。

断乳を決めたなら、進むのみです!!

 

この日からしばらくは子供に胸を見せないように工夫しましょう。

お風呂はパパにお願いしたり、おっぱいにバンドエイド貼ったり絵を描いたり。

最初の3日間はぐずったり大変だと思いますが、毎日思いっきり遊んで体力を消耗し、夜は疲れて寝れるようにしてあげるとスムーズに行くと思います。

スポンサーリンク

断乳すると病気にかかりやすいのか

ご存知の通り、母乳にはたくさんの栄養が含まれています。

断乳理由は様々でも、子どもに辛い思いをさせて断乳し、さらに病気にかかりやすい身体にしてしまったら悲しいですよね。

実際に断乳すると病気にかかりやすいのでしょうか?

断乳する月齢や季節を選ぼう

生後6ヶ月までは母乳をあげた方が病気にかかりにくいとされています。

生後6ヶ月を過ぎると離乳食も始まり、食事から栄養が摂れるのでそう言われているようですが、実際にはまだまたま母乳にも栄養が含まれているそうです。

出来るなら1年間は母乳をあげ続けるのが理想でしょう。

生後1年以内に断乳をすると赤ちゃんが病気にかかりやすいと感じるお母さんがたくさんいるそうです。

 

また夏の断乳はお子さんが水分不足になる可能性があり、冬だと風邪が流行り病気にかかりやすいので、断乳にオススメの季節は春と秋です。

授乳以外でも愛を伝えよう

断乳はお母さんにとってもお子さんにとっても大きな試練です。

でもおっぱいだけがお母さんではありません!!

夜中眠れるようになったので、いつもより元気いっぱいのお母さんでいられますよね。

子どもにとってはお母さんの笑顔が1番!!

毎日ニコニコ抱きしめてあげてください。

そうすればお母さんの愛情がお子さんにも絶対に伝わるはずです。

また授乳が無くなったので、お父さんとお子さんが前より仲良くなった!と話す人もたくさんいます!!

「パパはイヤー!!」と言われていたお父さん!今がチャンスかもしれませんよ!!

 

この記事についての感想や育児の相談事がありましたら遠慮なくコメントをしてください。

また、記事の内容が「参考になった!」と言う方は、SNSアイコンに「いいね」登録をしていただけると励みになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事も読まれています

占いに興味がある人に朗報です。

あなたは、「電話占い」を知っていますか?

わざわざ、遠い「占いの館」に行かなくても、有名な占い師に直接電話で占ってもらうことができます。

担当する占い師は採用率9%という、厳しい基準をクリアした占い師のみが在籍しているので、安心して利用することができます。

TVやラジオなど多数のメディアへの出演実績のある、厳選された占い師のプロフィールをまずはご覧ください。

今なら、初めて利用の方には「無料鑑定サービス」も実施しているので、お試し感覚で家庭の問題、恋愛や結婚、仕事など、占ってもらいましょう。

最初の無料占いの結果が、「ちょっと違うな」と感じたら、以降は利用しなければ良いですしね!

占い師のプロフィールを見てみる