ペットロスって書いちゃうと、『伴侶動物の他界に限定』みたいに取れちゃいますね。

でもね、人間って単純。悲しい出来事の乗り越え方は、全部一緒なんです。

「猫さんは屋内で暮らしてね」って決まりが出来て、彼らと暮すのが流行になったから深刻化して表に出て来たってところが大きいんですよ。

 

スカンジナビアなんかに行くと、都市部を除いたら、「猫を屋内に閉じ込めてるだって!?」って叱られちゃうんですけどね。

 

ちょっと話がずれちゃいました。猫さんが先に見えない旅に出る事で、ペットロスにならないように、なってしまったらどういう乗り越え方があるのか、どっちも難しくなんてないんです。この記事を読めば、自然と生活の中でやっていることだなって、気づくと思いますよ。

スポンサーリンク

猫さんは私たちをどうみてるんだろう?私たちは?

今、貴方と一緒に暮らしてる猫さん、先に見えない旅に出た猫さん。

あの子たちからみると、私たちはお母さんに見えるみたいですね。

でも、子供とはちょっと違うと思いません?

子供はいくつになってもやっぱり子供、本音はなかなか言えないものみたいです。

私は子供が居ないので、聞いた話になっちゃうんですけど。

 

私たちからしてみると、恋人に近い気がしません?

愚痴を聞いてもらったり、慰めてもらったり。

「独身女性が猫を飼うと結婚から遠のく」って昔からいわれてますけど、私の周りを見ると男女差はなくなったみたいですね。

適度な距離感を保ってね

ひとりで猫さんだけと暮していると、たまにベッタリになってしまう人が居ますね。ちょっと問題かなと思うんです。

彼らは単独動物、独りでのんびりが基本。私たちが構ってほしいからって、おやつや玩具で無理に誘ってばかりだと、別居を言い渡されちゃう(脱出行為)。

猫さんから寄ってきて、こちらも遊びたいなって思った時に一緒に楽しく遊ぶ!

適切な距離感でお互いを尊重した暮らしが、ペットロスの予防にも繋がるんですよ。

もちろん、放置はダメ。健康管理はしっかりね。

「お前とはもうやっていけーん。別居だー!」

「具合が悪いんだけどなぁ、気が付かないのかな?」

この両方が重度のペットロスに繋がりかねないんです。

スポンサーリンク

掛かりつけ以外の病院も大切!

猫さんの診察可能な動物病院でも、お医者さんによって得意な分野が違うんです。

人間の病院で、内科と外科だと先生が違うのと一緒なんですよ。

診療してくれる時間や曜日も色々。

 

猫の行動や病気の知識を蓄えて、いつどんな症状が出ても慌てず対応出来るように、セカンドオピニオン・サードオピニオンを確保しておくのも大切。

 

もう乗り越えているんです

猫さんが先に見えない旅に出た後は落ち込んじゃいますよね。

心の中は七転八倒、ハチャメチャな状態。

でもね、お互い尊重しながら一緒に暮らして、「別居だ-!」って飛び出した先で事故にあったりもせず、病気なんかで苦しませることを最低限に抑えられたら、悲しいのは悲しいけれど、バーッて悲しんだあとに浮上するのも早めなんです。

この場合、ペットロスには入らなくて、乗り越え方を猫さんとの暮らしの中で実践していたパターンってことになるんですよ。これが自然で理想に近い形ってことですね。

スポンサーリンク

乗り越えようって頑張らないで?

「もう旅に出ちゃった後だよ、手遅れだよ」

何も出来なくなって携帯のブラウザで、片っ端からペットロスで検索しているあなた。

たっぷり悲しんで?

そして、元気づけようとしてくる人からはひたすら逃げてね!

「私も猫を飼ってたからわかるけど、新しい子を迎えたら元気になったよ」

その人にとっては昔のことだもの、今、直面してるあなたとは全然ちがいますよね。

言葉にするのは大切、でも答えなんかいらないんじゃないですか?

唯々、耳を傾けて共感してくれる人。動けるなら心療内科だと病気の予防をやっているところも出てきたから、そこのカウンセラーさんに言葉をぶつけるのもひとつ。動けないなら電話やメールで、受け付けてくれるところもありますよ。メールだったら書いてる途中で大泣きしても誰も見てない、聞いてない。

ペットロスの乗り越え方なんて書いてるけどね、乗り越えようなんて思わなくて良いんですよ。

ちょっとおやすみしましょう?

 

ひとつだけ約束、携帯のブラウザには色んな誘惑が沢山、言葉をぶつけるのは精神心理学のプロの人を選んでね?

レジュメ

人間って生き物は群れで生きる動物だから、生まれる前から死ぬまで、何らかの形でだれかの助けを借りないとやっていけないですよね。

そのことだけ頭に入れておけばペットロスにはならないんですよ。

 

「乗り越えるとか出来ないよ。乗り越え方なんてどれを読んでも他の人にしか当てはまらないよ!」

ぐしゃぐしゃってなってるあなた、一旦情報の渦から離れて休憩して下さいね。

この記事も読まれています

占いに興味がある人に朗報です。

あなたは、「電話占い」を知っていますか?

わざわざ、遠い「占いの館」に行かなくても、有名な占い師に直接電話で占ってもらうことができます。

担当する占い師は採用率9%という、厳しい基準をクリアした占い師のみが在籍しているので、安心して利用することができます。

TVやラジオなど多数のメディアへの出演実績のある、厳選された占い師のプロフィールをまずはご覧ください。

今なら、初めて利用の方には「無料鑑定サービス」も実施しているので、お試し感覚で家庭の問題、恋愛や結婚、仕事など、占ってもらいましょう。

最初の無料占いの結果が、「ちょっと違うな」と感じたら、以降は利用しなければ良いですしね!

占い師のプロフィールを見てみる